刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

チェックワッペン

土台に柄生地を使用したワッペンを作成してみました。

土台にはチェック、プリント部分には起毛感のあるフロッキーをプリントしてみました。

通常、無地のフェルトやツイルの仕様が多い土台生地ですが、柄生地にするだけで大きく印象が変わります。

洋服に使用する生地を部分使いするのも可愛いのでおすすめです!

フロッキープリント×刺繍

表面が起毛したフロッキーを使用したワッペンです。

ベースをフロッキーにしたものと、柄をフロッキーにすると全く違った表情に見えますね。

土台にはレース生地を使用していて、柄の隙間からレースがちらっと見える繊細な表現が可能です。

3D立体モチーフ刺繍

円みを帯びた3D刺繍が主流でしたが、弊社で新たに開発した鋭角のある立体刺繍を開発しました。
こちらの鋭角な立体感が表現できる刺繍方法は「刀刺繍」とういう新しい技法で、既に多くのお客様よりお問い合わせを頂いています。
こちらの手法を取り入れることでより立体感が強調され目を引くワッペンの作成が可能です。

3D立体ロゴ刺繍

文字をラインで表現し立体的な刺繍加工を入れたロゴを作成してみました。
細かいラインでも3D感を出すことができ色を細かく分けることが出来るので繊細な3Dロゴの表現ができます。

グラデーションワッペン

だんだん密度を変えていくグラデーション刺繍を作成してみました。
色でのグラデーションだけでなく、針数を調整して糸の間隔を狭くしていくとこのような表現ができます。
単色、グラデーションの多色使いでまた違った見え方になるのも面白いですね。

プリントワッペン

刺繍だけでは表現できない柄や色を転写プリントで表現したワッペンのご紹介です。
糸では透け感や重なりを表現することは難しくそれをプリントで表現してみました。
土台生地にはオーガンジーを使い、刺繍の上にプリントをしています。
プリントを使うと無限で新しい表現ができますね。

3D立体刺繍

帽子でもよく使われている文字が立体になっている刺繍加工ですが、立体部分に鋭角さを出す刺繍を開発しました。
中心部分が尖っていて、こちらの手法は「刀ワッペン」という名前で特許申請中の技法です。
モチーフ以外にもロゴなどにも使用でき目を引くテクニックです。

手描きタッチ刺繍

今回は手書き風の刺繍のご紹介です。
ラフな装いの服やストリート系ファッションにぴったりな刺繍の刺し方です。
ロゴワッペンというときちっとした刺繍を思い浮かべる方が多いと思いますが手書きのラフさを表現した刺し方もできます。もちろんロゴだけでなく、キャラクターやモチーフもこのような刺繍の表現ができます。
刺繍の針数が少なくコストも抑えつつ、今までとは違った表現で新鮮ですね!

刺繍シール

こんかいは刺繍シール・刺繍ステッカーのご紹介です。
通常アイロンで熱接着していたイメージのワッペンですが、シールタイプになった刺繍ワッペンです。
もともと裏側に粘着性のあるシートが付いていますので、いままでアイロンでは接着できなかったプラスチックや紙製品、円みを帯びた物にもシールのように貼ることができます。
夏らしいハート型のスイカとパイナップルのワッペンシールを作成してみました。

宇宙系刺繍

2017年は宇宙をイメージするコレクションが多かったのですが、今年は土星、月などもモチーフ刺繍、ワッペンの問い合わせを多数頂いています。
ラメ糸を使用すると一気にスペーシーな雰囲気が出て素敵です。
ちょこっと使いのワッペンや、総柄の服などにぴったりもモチーフですね☆彡