刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

刺繍ステッチのバリエーション

刺繍では多くのステッチ技法があります。こだわりあるお客様にはステッチ見本を見ていただき、柄や線をどのように表現するかご提案させていただいています。

45A45B

弊社には機械・手刺繍のステッチ見本が多数ありますので是非気になる方はお問い合わせください。

3D立体・ファンキー刺繍

土台生地に対して糸がブラシのように垂直に立ち上がっている、立体的なボリュームが特徴の「ファンキー刺繍」。当グループでは中国で製造特許を取得しています。

44A44B通常の刺繍では表現できない立体感が表現でき、海外のハイブランドでは既に多く使われている人気のテクニックです!

デジタル柄刺繍

展示会でも人気だったアクリルウール糸を使用したデジタル柄の刺繍。刺繍した後に生地ごと洗うことで、刺繍部分がふっくら仕上がります。

 

40A40B

ピクセル調のレトロゲームを思わせるこの刺繍は、柄と色次第で印象がモードにもポップにも仕上がり素敵です!

手刺繍風

写真の刺繍ですがどちらの鳥が、機械刺繍でどちらが手刺繍かわかりますか?

38

実は右が手刺繍、左が手刺繍を表現した機械刺繍なんです。

機械による手刺繍風の刺し方でここまで近く再現可能です。

コスト的に納期的に手刺繍が難しい場合や、個体差がないものをご希望のお客様は手刺繍風機械刺繍を検討してみてはいかがでしょうか。

スワトウ風刺繍

刺繍柄に合わせて穴があいているこちらの手法は「カットワーク」、「オープンワーク」「スワトウ刺繍」と呼ばれています。

37A37B

元々こちらの技法は、中国の広東省の町である、汕頭(スワトウ)で生まれた刺繍です。大胆で豪華なスワトウ刺繍は、代々受け継がれてきたテクニックです。近年は後継者不足などで機械化された「スワトウ風」の機械刺繍が多く見られるようになりました。女性らしいこちらの可憐な刺繍は春夏ウエアでは大変人気のあるテクニックです。

37C

多数ショールームにサンプルを用意しておりますので、気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

ニット風刺繍

こちらノルディック柄をバージョンです表現したニット風機械刺繍です。ニットの色々な編地を浮薄やカットソーに刺繍で表現したものはメンズレディス問わず人気のテクニックになりそうな予感です!こちらはオリジナル作成図案ですのでそのまま使っていただけます。

35

エアパン刺繍

前回紹介いたしました部分キルト風刺繍に見える、「エアパン」というですが技法ですが、アーガイル風などの直線的な柄でも立体的に見せることができ新鮮です。気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

34

3D刺繍

こちらは「エアパン」と呼ばれる刺繍テクニックです。綿を特殊加工で部分的に注入することで部分的に立体を出す刺繍です。キルティングより軽く見え、柄を部分的に凹凸で表現できます。全体的に立体感を出す場合は、「キルティング」や裏面柄部分に大きくカットしたウレタンを重ねて刺繍する方法がオススメです。

33A33B

かぎ針風モチーフ

こちら実は手編みのかぎ針モチーフを再現した、アクリル糸を使ったかぎ針風機械刺繍です。近くで見てもかぎ針と見間違えるほどです!ニット、布帛もしくは雑貨としても、幅広くいろんなアイテムに使える、かわいいワンポイント刺繍モチーフです。

32A32B

ニット風刺繍

毛羽があるふっくらした刺繍糸でニットの編地を表現したテクニックです。

29

浮薄生地にざっくり刺繍のアンバランスさがとってもマッチングしていておススメです!