刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

刺繍ブート二エール

みなさん『ブートニエール』ってご存知でしょうか?

スーツの襟につける、花のモチーフのアクセサリーです。

24

その起源とは・・・

中世ヨーロッパで男性が女性に結婚を申し込むときに花束を差し出し、

女性が受け入れる場合にはその中から1本抜いて男性の胸に挿した。

というのが由来だそうです。

デートやパーティーでさりげなくつけるとオシャレですよね♪

最近では紳士服やテイラーの方よりお問い合わせを多数いただいております。

少し外したかわいい柄も人気です。

金モール(ザリ刺繍)やアップリケのタイプなど、いろいろな加工で作成可能ですので、気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

紙への刺繍

紙に刺繍という昔からある手法ですが徐々に人気が出てきています。

23A

デジタルの時代にこそアナログが活きてくるようです。

23B

下げ札だけでなくレターセット、そして書籍の装丁やちょっとしたメッセージにも使えそうですね♪

ニードルパンチ

ニードルパンチ(ニードル刺繍)とは土台となる生地に別の生地を乗せ、ミシンに剣山のような特殊な針を取り付けて叩くように刺繍します。

22A

異素材の切り替え部分に使用したり、模様を浮き上がらせるように使うこともできます。

22B

一見1枚の生地に見えるので素材感が全く逆のものなどの組み合わせは非常に新鮮に見えます。気になる方は是非お電話かメールにてお問い合わせください。

刺繍・レースブレスレット

糸だけで作成した刺繍(レース)ブレスレットはお子様から大人まで安心して付けられる、金属フリーアクセサリーです♪

21

ジー・トライでは多色の糸を使用することができ、ライブグッズ、ノベルティー、アニメグッズなどで幅広くご使用いただいているアイテムです。接着ラインストーンや蓄光糸なども合わせて使用することができますので多様なシーンでご使用できます。

気になる方は是非お電話かメールにてお問い合わせください。

金モール風刺繍

従来の金モール(ザリ刺繍)は錆びてしまう為洗濯することができず、制服等につける場合は裏がブローチタイプのものでした。ガシガシ洗えるよう金糸金を使用したモール風の刺し方の「金モール風刺繍」ではこういった問題が無く服に縫い付けることができます。

20

気になる方はぜひ本ホームページに記載されている電話番号かメールにてお問い合わせください。

金モール・ザリ刺繍

金モール刺繍(ザリ刺繍)とはインド・パキスタンで伝統的な刺繍テクニックの一つです。

19A

学生服や軍隊服などによくエンブレムとして使用されています。銅の糸を使用したこちらのテクニックは熟練した職人が一つ一つ丁寧に手刺繍しています。現在ではユニークな柄のブローチや、ゴルフコンペ用のエンブレムワッペンブローチなどのお問い合わせが多数あります。

19B

普通の糸では出せない重厚感があるのが特徴です。弊社では多数のサンプルをご用意しておりますので、気になる方は是非お電話かメールにてお問い合わせください。

プリントワッペン

糸だけでなくプリントで柄を表現したプリントワッペン。デジタルプリント(昇華転写)という手法を使えば、糸では表現できない細かい柄や、色数が無限に使用できます。

18A18B

気になる方はぜひお電話かメールにてお問い合わせください。

ケップリア刺繍

弊社では、「ケップリア刺繍」(QUEPPLIA)という手法を開発しました。

17

アップリケ刺繍とは逆の発想で、柔らかいレースやチュール生地の上に様々な刺繍を施し、部分的に透けさせている技法が「ケップリア刺繍」です。

アップリケ刺繍

土台となる生地の上に、別生地を刺繍ステッチで留めつけた技法です。

16A

生地によってガラリと印象が変わり、刺繍ではできないすっきりした表現ができます。

アップリケというと子供服を想像される方も多いかもしれませんが、スポーツ系ワッペンや、繊細な生地、意匠性のある生地を使用し、アパレル向けダイレクト刺繍でも多く使用されている技法です。

16B

フレンチナッツ・ノット刺繍

手刺繍でフレンチナッツ、もしくはフレンチノットといわれる手刺繍の手法があります。

15A15B
1つ1つ結び目で柄を表現した刺繍です。立体的で個体差をあえて出す刺繍の場合、手刺繍での加工がお勧めですが、短納期でコスト重視の場合はフレンチナッツ(フレンチノット)風刺繍がオススメです。

15C

気になる方はぜひお電話かメールにてお問い合わせください。