刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

ワッペンシール

刺繍ワッペンを簡単にはりつけられる仕様のワッペンシール。

43A手持ちのものにDIYでカスタマズできるということで大変好評です。
43B43C

 

元々子供服などにアイロンで接着できるタイプが主流でしたが、バックやケータイカバー、手帳に貼るような用途でのオーダーが増えています!

ミニワッペン

30年前に人気だった弊社が作成した「Peopleワッペン」。

42A

ジー・トライでは新柄で作ってみました。

42B

弊社では営業ツールとして名刺に貼り付けて使用しています!

42C

これからどんどん柄のバリエーションも増え、洋服・雑貨など幅広い用途に使えるのでまた注目を浴びそうです。

ロゴ刺繍バリエーション

スポーティールックのトレンドによりロゴ刺繍の需要が高まりしましたが、バリエーションが広がって人気が継続しそうです。写真はテクニックを変えてみたロゴ刺繍です。

 

41

立体感のある糸・生地の素材感のあるものが人気です!

デジタル柄刺繍

展示会でも人気だったアクリルウール糸を使用したデジタル柄の刺繍。刺繍した後に生地ごと洗うことで、刺繍部分がふっくら仕上がります。

 

40A40B

ピクセル調のレトロゲームを思わせるこの刺繍は、柄と色次第で印象がモードにもポップにも仕上がり素敵です!

コード刺繍のバリエーション

加工デニム生地にコード刺繍を後加工でしたものです。表面感のあるコードでデニムに馴染んだ色のコードを使っています。

 

39Aサテンリボン、ラメコード、モールコードなど同じ柄でもコードを変えれば印象がガラリと変わります。春夏素材の麻混コードやラメ紐はもちろん、秋冬素材の毛足の長いものやツイード調のものなどバリエーションは多数あります。

コード刺繍は素材を生かした刺繍なので、針数が少ないながらもパッと見で華やかな印象がありオススメのテクニックです。

39B

気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

手刺繍風

写真の刺繍ですがどちらの鳥が、機械刺繍でどちらが手刺繍かわかりますか?

38

実は右が手刺繍、左が手刺繍を表現した機械刺繍なんです。

機械による手刺繍風の刺し方でここまで近く再現可能です。

コスト的に納期的に手刺繍が難しい場合や、個体差がないものをご希望のお客様は手刺繍風機械刺繍を検討してみてはいかがでしょうか。

スワトウ風刺繍

刺繍柄に合わせて穴があいているこちらの手法は「カットワーク」、「オープンワーク」「スワトウ刺繍」と呼ばれています。

37A37B

元々こちらの技法は、中国の広東省の町である、汕頭(スワトウ)で生まれた刺繍です。大胆で豪華なスワトウ刺繍は、代々受け継がれてきたテクニックです。近年は後継者不足などで機械化された「スワトウ風」の機械刺繍が多く見られるようになりました。女性らしいこちらの可憐な刺繍は春夏ウエアでは大変人気のあるテクニックです。

37C

多数ショールームにサンプルを用意しておりますので、気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

イニシャル刺繍

不変的に人気のあるイニシャルモチーフ。刺繍でもイニシャルを使ったモチーフは大変人気です。今回は色々なテクニックでアルファベットのモチーフを作ってみました。

ラメ刺繍とホットフィットの組み合わせや、花柄を転写プリントした生地をアップリケにしたテクニック。ホットフィットと手付ビジューを贅沢に組み合わせたものなど。

36A36B

ブローチ、ワッペン、チャーム等いろんなアイテムで使ってみてはいかがですか?

もちろんスタイリッシュなプロダクト感あるアルファベットのモチーフもほかの技法を使って作成可能です。是非気になる方はご連絡ください!

ニット風刺繍

こちらノルディック柄をバージョンです表現したニット風機械刺繍です。ニットの色々な編地を浮薄やカットソーに刺繍で表現したものはメンズレディス問わず人気のテクニックになりそうな予感です!こちらはオリジナル作成図案ですのでそのまま使っていただけます。

35

エアパン刺繍

前回紹介いたしました部分キルト風刺繍に見える、「エアパン」というですが技法ですが、アーガイル風などの直線的な柄でも立体的に見せることができ新鮮です。気になる方は是非電話かメールにてお問い合わせください。

34