刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

趣味の世界

つむぐ 織人は風の道をゆく

つむぐ 織人は風の道をゆく

という映画を観ました。

その中にうさとというブランドが出てきます。

ホームページによると

 

うさとの服はタイ・チェンマイを拠点に製作しています。 服に使用している布はタイ東北部、北タイ、ラオスの農村で村の女性たちを中心に織られています。布の素材は、綿(cotton)大麻(hemp)絹(silk)の三種類でそのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りされています。
(※一部機械織りの布も使用しています)
村々で織られた布はチェンマイの「USAATO SIAM」に集められ縫製に出されます。 縫製はチェンマイ近郊で行っていますが、自社工場ではなく地域単位や個人単位の縫製グループによって製作されています。

うさとの服はタイ・チェンマイを拠点に製作しています。

服に使用している布はタイ東北部、北タイ、ラオスの農村で村の女性たちを中心に織られています。

布の素材は、綿(cotton)大麻(hemp)絹(silk)の三種類でそのほとんどは手紡ぎ、天然染め、手織りされています。

村々で織られた布はチェンマイの「USAATO SIAM」に集められ縫製に出されます。

縫製はチェンマイ近郊で行っていますが、自社工場ではなく地域単位や個人単位の縫製グループによって製作されています。

 

 

弊社のスタッフにもこのうさとファンがいます。

正直これまであまり知らなかったのですが映画を観て着たくなりました。

実際にこの服を着ると体調がよくなるようです。

自然のチカラとはすごいものです。

カッコいいから着るという時代から

カッコもよくて健康にもよいから着るという時代に入ってきたのですね。

 

刺繍屋としてそういう新しい感性にもアンテナを張っておかなければならなくなりそうです。

 

tumugu.jpg

 

 

 

趣味の世界

奥穂高 慰霊登山

 

4年前に遭難事故でスタッフの足達君が亡くなりました。

下記はその直後のブログです。

晴天の霹靂

 

あれから時間もたちみんなそれぞれ精一杯がんばっているよというメッセージを告げに奥穂高の現場に行ってきました。

人生とは色んなご縁があるもので、今回道中をガイドしていただいのが足達君の第一発見者の方です。

その方とはFACEBOOKでその後も友達としてつながっていて今回の慰霊登山に同行していただく事になりました。

 

私にとっては生まれて初めての本格的な登山でした。

片道8時間、しかも思い荷物を背負って絶壁を上り下りする非常に過酷な道のりでした。

最初はこのような緩やかな道のりです。

 

IMG_8948.JPG

 

 

 

ところが徐々に険しくなっていき途中こんな雪道も・・

 

 

IMG_8957.JPG IMG_8961.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的はファイト一発!という宣伝に出てきそうな断崖絶壁ばかりになります。

 

 

IMG_9072.JPG IMG_9002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこんな素晴らしい景色も見ることができました。

 

 

IMG_9059 (640x480).jpg

 

 

 

足達君が遭難した現場では彼が大好きだったビール、そして一緒に亡くなったお父さんの好きだった煙草を供え、ご冥福を祈りこれまでの4年の報告をしました。


今回の登山は登るときは曇っていて登りやすく、二日目はからっと晴れて素晴らし景色を見ることができたのです。

まるで彼が私たちの登山を出迎えてくれている気がしました。

 

登山中、一歩間違えば確実に命を落とすという場面に何度も遭遇しました。

常に死と隣り合わせになっている極限の状態で色んな事を考えました。

 

生きるということは即ち、死を意識することかなと。

少し哲学的になりましたが、今回の旅で本当に色々なことに気づかせて頂きました。

 

 

IMG_9079.JPG

 

 

 

 

 

趣味の世界

ボジョレー

5年前の私のワインの知識といえば赤ワイン、白ワイン、ロゼ、シャンパン、赤玉パンチ・・くらいでした。

海外のお客様も増えつつあったので世界共通の話題のためにとワインスクールに通いました。

当時川島直美も習っているというアカデミーデュヴァンという有名な学校です。

ところがこれが運命の分かれ道でした。

半年後のソムリエ試験に向かって勉強するはめになってしまったのです。

全く基礎知識の無い状態からのスタート。

テイスティングもあるので夜はワインの飲み比べすると寝て朝早起きして学科の勉強をするという日々でした。

なんとか試験には合格しワインエキスパートの称号をいただきました。

IMG_1456.JPG

でも悲しいかな時が経ち

どんどん知識が消えゆくのです・・・。

それでもワインは大好きです。

ボジョレーの味はあまり好きではありませんでした。

でも試験問題ででたら味が一番分かりやすいので大好きでした(笑)

最近気づいた大事なこと。

ワインの味はワインの保存状態(温度、年代など)で決まると言われます。

でも飲む人の体調や状況が一番影響されるということです。

何かいい事があった時、体調がとてもいい時に飲むワインはやはり最高に美味しいです。

このブログでも私の出会った美味しいワイン(その時の私の状態を含め)を紹介していきたいと思っています。

今年解禁されたボジョレーを飲みながらそんなことを考えていました。

趣味の世界

津軽三味線との出会い


今から3年ほど前、角田識之さんのこの本を読み
浅草追分を知りました。

初めて聞いた津軽三味線の生演奏に感激し自分でもやってみようと思いました。

若い芸人さんたちが給仕をし、ショータイムが来ると舞台で芸を披露するのがこの店の特徴です。

世界的に有名になった吉田兄弟もこの店で修業を積んでいました。

斎藤一人さんもファンで時々来るそうですよ。

ところで明日は稽古をつけてもらっている師匠と兄弟弟子同志でこの追分に集合します。

ショータイムの途中、お客様のコーナーと言うカラオケタイム?があり、

稽古をつけてもらっている新曲を披露させてもらおうと目論んでいます。

年齢も性別も職業も性格も違う人が集えるというのが趣味の大きな楽しみですね。

津軽三味線、民謡、あるいは満足のいく接客サービスに興味のある方は是非足を運んでみてはどうでしょうか?

明日は私もチビリチビリやってます

 

YOSHIDA BROTHERS

日々の出来事

東京に、こんないい釣り場があったのか!

運動会の代休、少年野球のチームメートのお父さんがいいところに連れていってくれました。

秋川国際マス釣り場

あいにくの雨でしたが、これが恵みの雨!

我々でほぼ貸し切り状態です。

IMG_1061.JPGのサムネール画像IMG_1039.JPG


3人ともまるで釣りキチ三平のようにガンガン釣ってました!

(日に2回 マスを放流してくれます)

IMG_1055.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_1042.JPGのサムネール画像


えさはぶどう虫。

昔は触れなかった幼虫も今は平気でブチュとできるようになりました。

小さな事ですが成長を感じます。

わんぱくでもいい たくましく育ってほしい・・・

IMG_1049.JPGのサムネール画像のサムネール画像IMG_1047.JPGのサムネール画像のサムネール画像

IMG_1056.JPG

ここのいいところは

釣った魚をその場でおじさんが

捌いてハラワタをとってくれるのです。

今回は大漁で5人で50匹以上!

家に帰ったら即、焼けます。

これはお母さんが大喜び。

最後は隣接しているBBQ場で焼きそばとマスの塩焼きを食す。

網もマキも全てセットで貸してくれ、食材も販売しています。

大人は手ぶらでいけるので最高です。

IMG_1059.JPGIMG_1058.JPG

< br />

東京で釣りキチ三平体験がしたい方。

ここはお薦めです!

少年野球 深川パイレーツ

少年野球教室  @深川パイレーツ

ジャイアンツアカデミーという野球教室に息子の所属する深川パイレーツの他のコーチと一緒にチームの子供達を連れていってきました。

200912051059000.jpg

私は昔からタイガースファンですが、東京に引っ越してきて息子はやはりジャイアンツファンになり何日も前からワクワクしてました。

ボールの握り方、キャッチボールの仕方、バッティング等、基本を教えてもらうと驚く事ばかりです。

何でもそうですが基本が大事ですね。

守備はキャッチする事も大事ですが、ボールをいかにすばやく、正確に、投げる手に持ち替えるかがもっと大事。

今まで受けとればいいと思っていましたが、受け取って次の動作に入って初めてナイスキャッチなんですね。

これは仕事でいうと売上だけ上げるだけでなく、その売上で得た利益を次にどういかすか?ですね。

無理に売上あげてお客さんを逃がすか、また買いたいと思っていただくようにどう利益を使うか。

少年野球も勉強になります。


趣味の世界

みちのく一人旅

昨日から愛車で津軽へみちのくひとり旅です。

東京から目的地、青森まで700キロ!

東北道は大渋滞で各パーキングエリアのトイレ、食堂も大パニックでした。

これが唯一のランチです。

kyuri.jpg

きゅうりの1本漬け100円!

冷たくて美味しかった・・・。

バイクで、車の渋滞をすり抜けながらの走行でしたが盛岡の時点で指が固まり泊まる事に。

朝6時から夜6時までぶっ通しだったので流石に40の老体が悲鳴を上げてしまいました。

先日BOOK OFFで懐かしのベストヒット!みたいなCDを購入し、道中IPODで聴いてました。

TUBEの”あー夏休み”が妙に響きます。

夏といえばサザンかTUBEという若き青春時代

SWEET MEMORIES を思い出すツーリングでした。

趣味の世界

魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ

最近次男が釣りにはまっています。

部活が終わったら速攻でバットを釣り竿に持ち替えて出かけるようです。

長男と三男は既に二人で関西の実家に帰省中。

次男だけは野球の練習があるためどこにも行かず。

昨日は数少ない部活の休みだったので私も休みをとり釣りにいってきました。

海に行く予定が台風で中止。

以前にブログでも紹介した家の近所の塩原橋にハゼ狙いで行ってきました。

200908111449001.jpg

こんなところでハゼがつれるんかいな?と思いましたが次男が”いっぱいおる”というので釣り糸を垂らしたら1時間ほどで10匹近く上がりました。

200908111638001.jpg

釣りをしながら 

子供には魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ

という格言を思い出していました。

釣りというのは比喩で、子供には財産や物を残すのではなく、人とうまく生きていく方法や処世術を教えよという意味です。

改めて心に刻み込みました。

趣味の世界

ぼくらのおくら

屋上菜園におくらが出来始めました。

こんな感じに天に向かってできるとは知らなかった・・・。

200907190527000.jpg

オクラは戦争時に南方に赴いた人々が現地でオクラを食べて飢えをしのいだという逸話があるそうです。

終戦後 高知県でハウス栽培が始まり普及していったようです。

マザーテレサの残した名言に愛の反対は無関心であるというのがあります。

逆にとると関心を持つと好きになりますね。

次はおくらの食べ方を色々検証しようと思います。