刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

グループの紹介

ブータンから学ぶブータンから受け取る

ゴーダグループはブータン刺繍協会に参加しています。

ブータンは6年前に次男と一緒に訪問した国です。

とても素晴らしい刺繍がたくさんある国でした。

5月20日に早稲田で無料の講演会があります。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

GOOブログでも更新しています。

刺繍アドバイザーのブログ

グループの紹介

青島工場 15周年記念

昨晩は青島工場の15周年記念パーティーでした。

工場設立直前にパートナーを予定していた会社が倒産。

大きな不安を抱えながら工場進出はGO。

振り返ってみると倒産したその会社にいた精鋭二人が我が社に来て、その一人は青島工場設立以来の工場長として今も健在。
プレゼントはいつも不幸の仮面を被って現れる。
まさに15年経ってその教訓に納得です。
長年、頑張ってくれているスタッフ達に感謝です!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

GOOブログでも更新しています。

刺繍アドバイザーのブログ

グループの紹介

80周年 壁画完成

グループ会社のゴーダEMBが12月1日、創立記念日を迎えました。

来年80周年になります。

本社の壁画も完成しました。

下記のHPもご覧ください。

 

ゴーダEMB株式会社

%e5%a3%81%e7%94%bb %e5%a3%81%e7%94%bb%e4%bd%9c%e6%88%90

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

GOOブログでも更新しています。

刺繍アドバイザーのブログ

グループの紹介

帰ってきた古月

久しぶりに古月君が日本に家族と友達を連れて帰ってきました。

我が家の屋上でBBQパーティーを楽しみました。

彼の事なので近々また何かやってくれそうで楽しみです1

 

古月のおもてなしブログ

 

 

屋上BBQ-thumb-300x225-6555

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GOOブログでも更新しています。

 

刺繍アドバイザーのブログ

 

グループの紹介

若貴ブーム 刺しゅうタオル

今から20年以上前に大相撲に若貴ブームがありました。

当時、我々は漫画家のやくみつるさんに似顔絵を描いてもらい、

それをタオルに刺繍して両国国技館などで販売していました。

今も大相撲九月場所が開催されていますが懐かしい商品です。

 

 

FullSizeRender.jpg

 

 

 

グループの紹介

刺しゅうのことなら

グループ会社の1つゴーダEMB株式会社の看板を少し改良しました。

白紙だった看板の上半分に”刺しゅうのことなら”を加えました。

これまでは何をしている会社か分からなかったと思いますが

これで刺繍屋という事がはっきりと通行人の方にもわかります。

前を歩く人はもしかしたらお客様になりえる方かも分かりません。

またもしかしたら刺繍屋で働きたいと思っている方かもしれません。

そういう方と知り合えるチャンスがこれでぐっと増えました。

小さな改善、大きな効果を期待しています。

 

IMG_8800.jpg

 

 

 

グループの紹介

浪花の刺繍祭り

大阪 通天閣の下で浪花の刺繍祭りを開催しています。

 

IMG_8130.JPG

色々な商品を展示していますので是非お越しください。

 

11223741_10204301242186693_9188712973317909465_n.jpg

 

 

 

11707662_10204301242026689_6027201929030101524_n.jpg

 

11707377_10204301246986813_710682702830414606_n.jpg


グループの紹介

フィードバックという言葉

先週、中国で落語会が開催されました。

珍しいので日本語と日本の文化の勉強のため、中国工場のスタッフを参加させたのです。

翌日、各々の感想と共にお礼のメールが私の元にたくさん届きました。

改めてフィードバックの大切さを感じました。

 

我々の仕事は中国で作り日本や欧米などのお客さまにサービスを提供しています。

お客さまから褒めていただくと窓口の担当者は嬉しい気持ちになります。

でも中々工場の現場ではその声は届きません。

営業がフィードバックして初めて分かります。

自分が嬉しかった事は誰かがしてくれた事がきっかけです。

フィードバックを繰り返す事で良い循環が出来る様に思います。

 

フィードバックという行為そのものが感謝の気持ちを伝える手段。

日本人も中国人もこの言葉の大切さを認識する事が関係をスムースにする潤滑剤になる気がします。

仕事に限らずフィードバックする事がないか、常に自分の行動をみつめてみようと思います。

 

10710559_1565710746986074_5788087581644554526_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グループの紹介

第1回日本語スピーチコンテスト

深セン工場には日本語を使い仕事をするスタッフが10名以上います。

彼女たちによるスピーチコンテストが開催されました。

審査員は私を含めて5名。

公平になるようにお客さまにも2名参加いただきました。

大学で日本語を勉強した者もいれば、最近日本語を初めたばかりの者もいます。

毎週土曜日に総経理(社長)がスタッフに日本語を教えてくれており、その成果を試すいい機会にもなりました。

採点基準は日本語の上手さではなく相手をいかに感動させるかにしました。

お客さまとのやりとりをメインとする彼女たちは、言葉の上手さより

相手とのコミュニケーションが大事という事をわかってもらうためでもあります。

 

スピーチコンテスト01スピーチコンテスト02スピーチコンテスト03

 

 

 

 

 

 

 

 

皆、それぞれの個性を発揮しながらとても一生懸命話してくれました。

今年、貴州大学からきた ばかりの新人さんも5位入賞!

 

 

 

青島工場に研修中のスタッフも電話で参加したいという申し出があり、

非常に盛り上がりました。

 

優勝したのはベテランですが3年前に一旦退職し出産してから復帰したばかりのベルさん(左)。

また制限時間を大幅に越えてもダンスを踊りつづけたつばめさんには総経理特別賞も!(右)

 

スピーチコンテスト04スピーチコンテスト05

 

 

 

 

 

 

 

 

日中関係がぎくしゃくしている中、中国から撤退する日系企業も相次いでます。

我々も中国に4工場あります。

日本が好きなスタッフが活き活きと働く工場を目指し、これからもがんばりたいと思っています。