刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

趣味の世界

正座 修行中

現在 正座を修行中です。

1日最低30分、何もクッションを敷かず正座で座っています。

NEWS欄にも出している7月5日浅草公会堂で津軽三味線を演奏するためです。

今から2年前、民謡酒場 浅草 追分 に行き三味線にはまってしまいました。

その場で福居幸輝 師匠に弟子入りし、何とか社員の結婚式で演奏する(もちろんヘルプ付で)位までにはなりました。

今回は師匠の師匠、大師匠である福居幸大 師匠の30周年記念講演です。

もしかしたら国民的歌手のYさんや累積納税額NO1で有名なSさんが来られるかも?というすごい場なので緊張します!

演奏が終わり、立ち上がろうとして足がもつれてふらふらドッスンという事にならぬよう今から正座修行をスタートしました。

来週は1週間中国出張。

時間がないので三味線を持参するかどうか思案中です。

シンセン、上海、青島で三味線 ストリートライブというのもいいなあと・・・。

頼むから止めてくれというスタッフの声が今から聞こえるので止めておこう。

福居幸大師匠

趣味の世界

男の子が欲しい方用野菜

ニュースレター作成、その他諸々でお世話になっている面白本舗の川上健太郎氏(通称かわけん)が八百屋さんを始めたそうな。

野菜作りには前々から興味があったので便乗してマンションの屋上でスタートしたのが先月です。

といっても素人なのでコーナンのおじさんに聞いたりしてとりあえず一式そろえました。

5月時点

SH3500010021.jpgのサムネール画像

せっかく作るのならかわけんの八百屋さんで売ってもらおうと個性のある野菜は何かと思案。

我が家は男3兄弟なので、私が育てた野菜を食べたら男の子ができる(かも?)というブランディングでいこう!という事になり早速家族会議。

中学3年の長男は最近おくらにはまっているので”ぼくらのおくら”。

中学1年の次男は酒飲み嗜好できゅうりに味噌をつけるのが大好きで野球にも燃えているので”野球り”

末っ子はまだ野菜には思い入れがなく保留・・・。

それが今こんな風になりました。

DSCN9923.JPG

ぼくらのおくら               野球り

DSCN9929.JPGSBCA0017.JPG

効果があるかどうかは不明ですが、少なくとも家庭の食卓に話題と夢を与えれるかもしれません・・。

入荷予定は全く不明なので問い合わせは面白本舗まで!

なお女の子が生まれても責任は一切とれませんのでご了承を。

新商品の紹介

世界でひとつの靴

浅草の武田製靴さん

スタッフブログでも紹介してましたがここでオーダーの靴を作ってもらいました。

武田社長よりオーダーの靴に入れる何かよい刺繍のデザインはないか?と相談を受け2週間ほど考えこみました。

男性の紳士靴で・・・・
おしゃれで・・・
履く方も見た人もおおお!となるデザイン・・・。

どうせならご利益があり、楽しい柄にしようと思い立ちいつもお世話になっている下川式成功手帳の発案者、下川浩二(通称しもやん)に筆文字を依頼。

この2つを直々に書いていただきました。

arigstou.jpg
KANSHA.jpg

完成したのがこれ!

(左右デザインが違うのです)

6.8eigyou 003.jpg

6.8eigyou 004.jpg

オーダーなので足にもぴったりフィットしているし、足元に感謝の言葉があるという事で

足をすくわれる事なく・・・

足から救われる気がします

(すんません)

ちなみに武田さんの会社はこちらでも動画でみれます。

武田製靴さん動画

新商品の紹介

ベルトの刺繍バックル!

大きなバックルが流行っているそうです。

早速中国で探したら刺繍物やラインストーン物は意外と少ないので作ってみました。

この鳥の柄はあまりに格好いいので私が個人的にもらっておこう・・・。

営業からは怒られるかもしれませんが歩く刺繍の伝道師としては必要品だ!

PICT0030.JPGのサムネール画像


こういう夢のあるのも作りました。

(ほんまに夢という文字があるでしょ・・)

このバックル取り替えができるのでコーディネートが楽しめそうです。

近日オープンする弊社のネット上のSHOPで販売します。

PICT0032.JPG

日々の出来事

身から出たさび

(株)ブロックスさんの出されているDVDシリーズ DO IT!

 DO IT!

このシリーズをもう3年以上研究しています。

働く意味とは? 仕事とは?

一生かかって取り組む課題だと思っています。

このブロックスさんから来たニュースレターで胸をグサリとさされた内容があり。

最近訃報が多く、人の死についても色々考える事があります。

さされた傷を忘れないようにブログに出しておきます。

(画面クリックすると拡大します。)
imashime.jpg

最近読んだ本

ホスピタルクラウン 

9784861139048.jpg

本を読み著者の大棟さんに思わず手紙を書いてしまいました。

入院中の子供たちに夢と笑いを与える尊い仕事。

本の中で子供たちにカエルのグッズをプレゼントするという箇所がありました。

ケロッと治る ・・・おうちにカエル・・・ 

という語呂が縁起いいそうです。

おやじギャグマニアの私としては持った本を落とすほど震えました。

カエルの刺繍シールがあったのを思い出し、感想と一緒に送らせて頂きそれがご縁で名古屋の会社の方に訪問させていただきました。

(有)プレジャー企画

スタッフの方たちとの商談(?)はもう楽しくてあっという間に時間がたっていました。

次々とスタッフの方が現れ似顔絵は描いていただけるわ、名前色紙も書いていただくわ・・・・

namae.JPGnigaoe.JPG
とにかく本当に人を楽しませるのが好きな人ばかりのようです。

うちのワッペンも彼らを通じて世の人に喜びを与えてくれるといいなあと思っています。

少年野球 深川パイレーツ

夢にときめけ! 明日にきらめけ!

先週末、雨のため末っ子の所属する少年野球チームの練習が中止となりました。

せっかくなので公開中のルーキーズを観に行こうと思いたち、小学校2年生のチームメートたちと私、家内で行ってきました。

彼らに2時間近くの映画は辛かったのか最後の方はそわそわと・・・。

最後の一番感動する場面で一人の子はひょっこり後ろを見て

“あーーあそこから映画映してるんだーー”と大きい声で!

私と家内は涙でボロボロでしたが子供たちは野球のシーンがお気に入りだったようです。

友情の大切さ、夢を追いかける喜びは子供たちには覚えていてほしいです。

でもあの言葉使いは絶対に真似しないでほしいなあ

SH3500010002.jpg

ちなみに下記は弊社の中国駐在員の藤本さんの息子さんの勇姿です。

金光大阪のピッチャーとして今年の春の選抜、出場しました。

やっぱりかっこいいなあ晃次くん。

夢にときめけ、明日にきらめけ!

新商品の紹介

出身地識別ワッペン

雑貨EXPOに向けて新商品を作りました。

PICT0012.JPG

シール式のワッペンで携帯等に貼れます。

例えば放出と書いてあるワッペンをみて” はなてん ” と読めればまず間違いなく大阪人です。

大阪にはハナテン中古車センターという有名な会社があり、大阪の人ならCMを一度は見た事があるはずです。

今もやってるのかな?

みなさんの方でこの地名は地元の人しか分からないというのあれば是非教えてください。

商品化検討します!

最近読んだ本

ミキハウス・スタイル 惚れても通えば千里も一里

読書のすすめ 清水店長の一押しでこの本を手にとりました。

ミキハウスさんは弊社グループ企業であるゴーダEMBの大得意先。

きっちり読ませていただき感激したので全社員にこの本を贈りました。

弊社にも学生の時にミキハウスさんに就職活動に訪問した社員がおり会社説明会に行っただけで商品をプレゼントされたそうです。

女性は将来母親になる。

母親にならなくても親戚や友人に子供が生まれれば子供服をプレゼントする。

目先の利益でなく長期に渡るファン作りをされる姿勢はすごいと思うのと同時に我々は何ができるかな?と考えされられます。

その他この本には経営者として人として色々勉強になる事が満載です。

社員が名刺交換したときに いい会社で働いているね といわれる事が目標であるという言葉はまさに自分もそうしたい思っているのと同じでした。

少しでもミキハウスさんに近づけるよう頑張ります。

PICT0019.JPG

日々の出来事

内職さんの命日

明日は3年前にお仕事をしていただいていた内職のHさんの命日です。

お体が悪く毎週病院に通われ、その合間にビーズ付けや包装の仕事を助けていただいてました。

丁度亡くなる直前にも急ぎの仕事があり無事納品が終わって1週間ほどしてからご主人さんから訃報が入ったのです。

お悔やみにご自宅へ訪問しご主人さんから色々話を聞きました。

それまで刺繍などした事が無かったのが我社の内職で針仕事ができるようになり楽しそうであったこと。

最後の仕事は初めてご主人さんに手伝ってとお願いがありお陰様で亡くなる前に久しぶりにゆっくり話ができましたと感謝されたのです。

ご主人さんも車椅子生活で、さぞかしご苦労された様子でしたが我々の仕事が少しでも生活の助けになっていた事が嬉しく仕事について考えさせられました。

仕事とは色々な人に支えられ成立する。

だからどんな小さな仕事でも力一杯する必要がある。

そんな事を毎年Hさんの命日に再確認するのです。