刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

最近読んだ本

ミキハウス・スタイル 惚れても通えば千里も一里

読書のすすめ 清水店長の一押しでこの本を手にとりました。

ミキハウスさんは弊社グループ企業であるゴーダEMBの大得意先。

きっちり読ませていただき感激したので全社員にこの本を贈りました。

弊社にも学生の時にミキハウスさんに就職活動に訪問した社員がおり会社説明会に行っただけで商品をプレゼントされたそうです。

女性は将来母親になる。

母親にならなくても親戚や友人に子供が生まれれば子供服をプレゼントする。

目先の利益でなく長期に渡るファン作りをされる姿勢はすごいと思うのと同時に我々は何ができるかな?と考えされられます。

その他この本には経営者として人として色々勉強になる事が満載です。

社員が名刺交換したときに いい会社で働いているね といわれる事が目標であるという言葉はまさに自分もそうしたい思っているのと同じでした。

少しでもミキハウスさんに近づけるよう頑張ります。

PICT0019.JPG

日々の出来事

内職さんの命日

明日は3年前にお仕事をしていただいていた内職のHさんの命日です。

お体が悪く毎週病院に通われ、その合間にビーズ付けや包装の仕事を助けていただいてました。

丁度亡くなる直前にも急ぎの仕事があり無事納品が終わって1週間ほどしてからご主人さんから訃報が入ったのです。

お悔やみにご自宅へ訪問しご主人さんから色々話を聞きました。

それまで刺繍などした事が無かったのが我社の内職で針仕事ができるようになり楽しそうであったこと。

最後の仕事は初めてご主人さんに手伝ってとお願いがありお陰様で亡くなる前に久しぶりにゆっくり話ができましたと感謝されたのです。

ご主人さんも車椅子生活で、さぞかしご苦労された様子でしたが我々の仕事が少しでも生活の助けになっていた事が嬉しく仕事について考えさせられました。

仕事とは色々な人に支えられ成立する。

だからどんな小さな仕事でも力一杯する必要がある。

そんな事を毎年Hさんの命日に再確認するのです。

出張記

マスク

いざ大阪出張!

関西は今マスク無しでは駄目!といわれ東京で探したがほとんど売り切れでした。

しかしマスコミの影響はすごいなあと呑気に考えながらいつもお世話になっている料理店へ新人さんたちを連れてランチに訪問。

そこの店長さんに大阪行きを話したら、常連さんの医療資材メーカーの方からもらったマスクがあるから持って行きと2つもくれました。

でもこれかなりすごいんです。

090520_0722~02.jpg

すごい密閉具合でしかも鳥人になった気分も味わえる・・・

でもちょっと息苦しいので大阪に入ってから使おうと思ってました。

大阪行きの新幹線の中、マスクなしで後ろのおばさんに”椅子倒していいですか?” と聞いたら、

“ あ 、プリーズ、プリーズ”と言われてしまいました。

最近よく外人さんに間違われるのですが今日はこれ含めて2回も・・・。

マスクしておけばよかった!

展示会情報

ロシア ファッション

多摩美術大学美術館に行ってきました。

ロシアの服飾史家 アレクサンドル ワシリエフ氏のコレクションを展示。

0261_002.jpg

0261_001.jpg

恥ずかしながらロシアの刺繍がこれほどすごいとは知りませんでした。

刺繍の刺し方、ビーズの使い方 今でも十分通用する素晴らしい作品がズラリ。

5月24日まで開催しているようです。

服飾関係の方には是非お勧めします。

tky0905131913009-p1.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

この情報 ファッションビジネス専門学校で知り合いあったNさんから教えていただきました。

いつも刺繍といえば情報を提供してくれるNさんに感謝です。

おおきに!

 

 

出張記

フライトスクール

長年の夢でもあった小型飛行機の免許取得に中国に行ってきました。

広州の陽江市というところに陽江合山飛行場というプライベート飛行場があります。

DSCN9714.JPG

昨年中国出張のついでに下見に行きびっくりしました。

そして思わず申し込んでしました。

なぜなら” 陽江合山飛行場 ” この中に私の名前、合田陽一のうち2文字が入っているからです。

通常だと2週間ですが2、3回に分けて来られる方も多いようです。

私はこのGWに出張と兼ねて受けさせてもらいました。

陽江市の周りには世界遺産である開平、金山温泉、東洋のハワイといわれる海陵島、などなどたくさんの名所があり空から眺める景色は最高でした。

DSCN9813.JPGDSCN9789.JPGDSCN9769.JPG

素晴らしい景色、飛行場のスタッフ、そしてここでの新しい出会いが更にまた中国への理解が深まり、それと同時に刺繍の分野でもチャレンジしようとやる気になりました。

DSCN9700.JPG

グループの紹介

元気のでるエレベーター

我々ゴーダグループの使命は刺繍を服だけでなく様々な物に施し人に喜びを与えるという事です。

初チャレンジとしてエレベーターに刺繍をしてみました。

よくみるとエレベーターの内装ってフェルトなんですね。

これに刺繍をしない手はない!

下記はグループ会社の中の1つ大阪のゴーダEMBのエレベーターです。

この冬はビジネスマンでした。

businessman.jpg

春はもちろん桜で花見。

cherry.jpg

夏は森林浴です。

woods.jpg

このエレベーターに乗ったお客様や運送会社の人から

また来たくなる、 次が楽しみ という言葉を聞くとチャレンジしてよかったとしみじみ思います。

次は何へ刺繍するかさらなるチャレンジを考えています。

未分類

刺繍の伝道師

今、中国出張中です。

日本はGW、中国の工場もメーデーで静かな毎日です。

久しぶりにたっぷり時間があるので考え事に耽るのを楽しんでいます。

そして昔の事を思い出しました。

大学を卒業し繊維商社に入社。

その後親元である刺繍屋に戻り、営業に配属。

お客様であるアパレルというのは当然服好きな方が集まり仕事しているものだと思っていました。

でも意外と皆さん、自分がかかわっているブランドの服は着ていない。

なぜかとても不思議でした。

そんな時にある帽子屋の社長の話を聞きました。

某有名セレクショショップの社長とその帽子屋の社長が会った時の事です。

“なぜあなたは帽子屋なのに帽子を被っていないの?”

一言こう言われたそうです。

その言葉を聞いて私もショックを受けました。

そうなんです。

人の事を言う前に、私も刺繍屋なのに刺繍の服を着ていなかったのです。

それ以来、私は刺繍屋なら刺繍の良さや楽しさを世に伝えるのが仕事、自分が伝道師となりどんどん刺繍物を着ようと心がけるようになりました。

それに賛同する社員も増え、徐々に刺繍や加工物のついた服が我々のユニフォームになりつつあります。

刺繍の伝道師、そして歩くサンプルとして、これからも世界を歩きます!

日々の出来事

沖縄 路上の刺繍職人

沖縄研修に行ってきました。

自由時間有効に使うためトライクをレンタル。

トライクは普通免許でも運転でき、何よりノーヘルで運転できるので沖縄の風を感じるにはぴったり。

滞在中私の翼となり島中を探索する事ができたのです。

triku.jpg

そんな沖縄の夜、国際通りの路上で面白いTシャツを売っている人に出会いました。

自分でデザイン、刺繍までしたTシャツです。

あまりに可愛く思わず2着購入してしまいました。

こんな図案をワッペンにしたら可愛いなあという事で沖縄発のデザインのワッペンをコラボしようと思います。

bull.jpg

baku.jpg

日々の出来事

熱海の興亜観音

熱海に興亜観音という観音様があります。

熱海駅からタクシーで15分くらい、その後山道を20分を上がったところにひっそりと祀られている観音様です。

この観音様が特殊なのは日中戦争での戦没者、日本人、中国人両方とも等しく供養するために建てられた事です。

我々の会社はグループ内に日本だけでなく中国にも工場が4箇所あります。

そこで働く人も中国の方々です。

日本のマスコミでは中国の事を叩いたり、中国でも反日的な記事が掲載されますが我々のグループ内では同じ同士として同じ目的、同じ夢を共有するようにしています。

熱海に行くたび、この観音様をお参りして、日本と中国両方の平和を祈るようにしています。

ジー・トライは日本の会社ですが中国がなければここまでやってこれていないという感謝の気持ちも込めて・・・。

http://www.history.gr.jp/~koa_kan_non/

KOUWA.jpg

最近読んだ本

最近読んだ本 リストラなしの「年輪経営」

寒天メーカーでシャアNO1、伊那食品工業の塚越会長の著書です。

伊那食品に関してはブロックス社からDVDも出ていて何度も見ました。

48年間増収増益、ブームに乗らない末広がり経営の極意がこの1冊に凝縮されています。

同じ業界内でライバル社と取った取らないと争いをするより、まだ誰もでていない業界に10年かけて進出したらライバルはいない。 

追いかけてきたらまた違う業種にいけばいい・・・というスタイルに感動を覚えました。

いまや寒天は食品だけでなく、化粧品、接着剤業界等々幅広く使われているようです。

我々も伊那食品を見習い、繊維業界以外の競争相手のいない世界に刺繍の良さを認めてもらうため動きだします。

2009年 7月 東京ビックサイトで開催されるギフテックス雑貨EXPOに出展し、

シールとして色々な物に貼れて使える特許商品 刺繍シール ”エルテッカー”を展示します。

ワッペンの可能性を追求します!!

nenrin.jpg