刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

少年野球 深川パイレーツ

野球の神様と松井秀喜

100回目となる甲子園、夏の大会。

始球式は松井秀喜が母校のキャッチャーに投げるという感動的な場面でした。

昔、この場で5打席連続で敬遠されましたが一言も文句を言わなかった松井選手。

この素晴らしい態度を野球の神様が認めて、日本だけでなくメジャーでも活躍させたと思うのです。

そして昨日の場は神様からのご褒美だった気がします。

嫌なときこと、不平、不満、ぐちを言わずに耐える事が運を貯めるのですね。

 

『大事な試合で打てるのは、運というか、星というか、偶然ではないものを感じます。だから、僕は神様の存在を信じちゃうんです』

BY 松井秀喜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

GOOブログでも更新しています。

刺繍アドバイザーブログ