刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

日々の出来事

危険な携帯電話 起こる前にみてほしい動画

年末年始に是非みてみらいたい映像があります。

 

 

 

一歩間違えたら大事故ですね。

ここ最近、本当にこういう人たちに街中で遭遇します。

老弱男女にかかわらず、これ見てゾッとしてほしいです。

特に東京は多い気がします。

携帯で目と手をふさぎ、

ヘッドフォーンで耳をふさぎ、

マスクで口をふさぐ。

もう外界と完全シャットアウトして歩いているようなものです。

日本だとまだましですが海外に出たら即アウト!ですよ。

(自己だけでなくスリとかに間違いなくあいます)

 

 

日々の出来事

東京駅の100周年記念スイカのニュース

 

東京駅100周年記念スイカを求めて暴動のニュース。
駅員に電車代返せとか、対応が悪いとか詰め寄る人たちをみて。
この人たちは一般に電車を利用している人たちに迷惑がかかってる事がわかってるのかな?駅員さんの手は止まるし、場所は占拠するし・・。
仕事で一刻も早く移動したい人、家族に早く会いたい人、そういう人達が乗り遅れたらどうすんの?
自分がほしいものが手に入ればいいのかなと思ってしまいます。
海外では日本人の思いやりある行動は非常に評価が高いのですが日本人も色々です。

東京駅100周年記念スイカを求めて暴動のニュースが流れていました。

駅員に電車代返せ!とか、対応が悪いとか詰め寄る人たち。

でもこの暴動のために仕事で一刻も早く移動したい人、家族に早く会いたい人、そういう人達はとても困っていると思うのです。

少なくとも多くの駅員さんの手は取られるし、場所は占拠されるし。

確かに欲しいものが手に入らなかった悔しさはあるでしょう。

でも周りに迷惑がかかっている人がいるのも事実。

海外では日本人の思いやりのある行動は非常に評価が高いです。

それを学ぶために日本に我が子を留学させたいという親もたくさんいます。

最近、駅や家電量販店などで海外からの観光客をよく見ます。

彼らはきちんと並ぶし、騒いだりもしません。

日本に来たら日本のルールをきっちりと守っています。

GNPの順位は下がってきましたが、マナーやおもてなし精神で

常に世界のお手本になれる国が母国であってほしいと願います。

 

 

 

東京駅SUICA

 

 

 

出張記

バンコクの手長エビ釣り

バンコクに来ています。

 あまり一般の観光客が行かないところに行くのも楽しみの1つです。

今回は手長エビの釣り堀&レストランに行ってきました。

バンコク市内のASOKからタクシーで30分くらいでした。

到着したらこんな看板が出ていてすぐにわかります。

 

①えび

 

プラウンフィッシング&レストラン とサイトにあったのですが

EBI JAPANESE FISHING という名前でした。

竿も餌も全て現地にあり、手ぶらでOKです。

片言の日本語を話すおばさんが、釣れたエビを網にいれてくれるので

ビールを飲みながら、のんびりと釣りが楽しめます。

 

えび02えび03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣れたエビは塩焼きやトムヤンクン、カレーなどに料理してくれます。

自分で釣ったエビはやはり美味いのです。

 

 

えび04えび05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビでたいを釣る=わずかな投資で大きな利益を得ること。

タイでエビを釣る=わずかな費用で大きな楽しみをえること。

新しい教訓を学びました。

 

出張記

飛び出す3Dハガキ ホーチミンでみつけたお土産

ホーチミンのベンタンマーケットでいいおみやげを見つけました。
同行している上海スタッフに交渉任せたら
強烈な交渉力で半額近くになりました。

こういう時、日本人男性はニヤニヤしながら隣でウンウンとしてるのが一番です(笑)
やはり交渉は中国の女性が世界NO1かもしれません・・。


この繊細な3D飛び出すハガキはかなり精巧できっと開発者は成功してますね。

 

10675597_10202969257447907_3989276373402997826_n.jpg

 

 

出張記

ホーチミンにて ベトナム生産が出来るわけ

上海工場の副総経理(副社長)の女性、何鋭(かえい)とホーチミン出張中。

彼女は元シンセン工場→1年日本研修→上海工場で幹部に。

左のおじさんは我々のシンセン工場→上海工場で約20年ほど我々のグループで働いた後ベトナムの刺繍工場に転職。

円満退職していい関係なので彼の工場でベトナム生産も少しづつスタートすることに。

やはり最後は人ですね!

 

954853_10202963442782544_1672903581450660181_n.jpg

 

 

出張記

ハンセン病について

和僑会世界大会で初めてこの団体の活動を知りました。

JIA JOY IN ACTION

 

20140708110148.JPG

中国でハンセン病患者は完治しても元の社会には戻れず

政府からわずかな補助金を得て地方の村でひっそりと暮らしているそうです。

家族も近寄らなくなった彼らに日本の若者たちがボランティアで救いの手を差し伸べました。

今では中国の学生たちも参加するようになったそうです。

 

そのプレゼンテーションがこちら。

10分ほどなので是非見てほしいです。

『ワークキャンプ』がアジアをつなぐ~始まりはハンセン病~ YOUTUBE版

 

『ワークキャンプ』がアジアをつなぐ~始まりはハンセン病~ YOUKU 版


今の若い者は・・と嘆きの声ばかりではなく

今の若い者はすごい!と思える事も多いです。

湖南省に出張中、元ハンセン病の老人二人が私の前にコップをもって現れました。

このプレゼンを見た後だけに激励の気持ちを込めてしっかり寄付させて頂きました。

知るという事は行動を変える最大のきっかけになりますね。

中国に関わる私もこの活動を応援していきたいと思います。

出張記

日本というブランド力

湖南省で面白い店を発見しました。

 

th_IMG_5162.jpg


MINISOU? メイソウ?

商品は全て日本語表記されています。

中国の会社ですが日本の事務所は銀座にあるようです。

 

 

th_IMG_5163.jpg th_IMG_5164.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう携帯周りグッズから食料品までほとんどの商品が10元。

今のレートでいうと200円未満です。

内装も綺麗でかなり繁盛しています。

 

th_IMG_5161.jpg th_IMG_5165.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬用のクロックスもどきなど2個で26元(約500円)ですよ。

製造はMADE IN CHINAですが包装や店内に日本語があるだけで品質がよいとか安全というイメージがあり集客につながっているようです。

 

最近ドン・キホーテでも海外客向けのコーナーがあるように、

中国製でも日本で販売しているという事だけでブランドになっています。

日本の会社が世界を相手にするにはいい追い風が吹いてきています。

 

出張記

湖南省に出張

2年前に日本研修に来ていた牡丹と湖南省に出張中。

火鍋の辛さと具の多さに圧倒されました。

日本に研修にきたことにより彼女も現在、検品の責任者です。

品質だけでなく日本の習慣も学んで帰ったので意思疎通もしやすくなりました。

 

 

②湖南省に出張③湖南省に出張

④和僑会

出張記

和僑会

中国には華僑といわれる同胞で助け合うしくみがあります。

それに対して海外で活躍する日本人が共に助け合うしくみをつくる目的の和僑会という団体があり今年から参加しています。

全世界の和僑が集まる和僑会世界大会が香港で開催され参加してきました。

色々な方々と出会いがあり私にとって素晴らしいイベントでした。

 

世界大会の前日、シンセンテクノセンターの創業者である石井次郎さんに会いました。

若い頃から海外に出られ現在は香港、シンセンで工場を運営し、日本人、中国人を問わず若者を育てたりし、まさに和僑の真髄を地でいかれる方です。

 

石井さんとの出会いは彼の自伝的ノンフィクションを書いた本、

望郷と訣別をを読んで感激し手紙を送ったことからスタートし

もう10年以上になります。

この本は海外で商売される方のバイブルだと今でも思い、年に1回は読みなおしています。

残念ながら既に廃盤になっていますが古本市場ではまだ入手可能です。

 

その石井さんがこう語っていました。

昔は10年貯めた貯金でヨーロッパへの片道切符しか手に入らなかった。

今は1ヶ月の給料があれば自由に海外へと旅立てる。

そのチャンスを若い人たちは活かしてほしい。

 

70代になった石井さんが、今でも挑戦しつづけている姿をみて私もあらためて頑張ろうと思いました。

 

 

望郷と訣別を.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の出来事

たかじん

百田さんの殉愛読みました。

 

殉愛

今、ネットで真偽が問われいるようですね。

私にとってそれはどちらでもいいことです。

この本はフィクションでもノンフィクションでも感動しました。

 

大阪出身の私にとって、やしきたかじんはスーパースターです。

いつか真実は分かる時はくるでしょう。

この本を読み20年前に観たTV番組を思い出した事が大きいのです。

 

当時はかなりの人気だった番組たかじんnoばあ〜がYOUTUBEにありました!

今でも覚えているのがビートたけしが出演した回です。

本番中に泣きじゃくるトミーズ雅が今でも印象に残っています。

 

出演者がタバコを吸いまくり、酒を飲んで、カラオケを歌う・・

そんな番組が当時はまだ許されてました。

 

あらためて観るとたかじんの熱いハートが伝わってきます。

たけしもかっこいいですね。

殉愛の真偽はどうでもいいのです。

あらためてたかじんについてこうやってブログに書けるきっかけになったことを嬉しく思います。

たかじんさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

たかじんnoばあ〜ゲスト:ビートたけし1

 

 

これが面白かった方は是非この続きもみてください。

生きるとは何か、仕事とは何かあらためて勉強になります。

 

たかじんnoばぁ~ゲスト:ビートたけし2