刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

日々の出来事

近くて一番遠い旅

内観というのをご存知でしょうか?

私が初めて知ったのはもう10年前でしょうか。

一定期間、外界と接触を断ちひたすら自分の過去を振り返るプログラムだそうです。

内観法.com

http://www.naikanhou.com/voice.html

 

私はどんな遠い所へ行っても、言葉が通じなくとも

全く恐怖心はないのですが

メールも携帯も本も映画もワインもない世界‥

そこに飛び込む勇気を得るまでに10年かかりました。

場所は近くても、最も遠いところへ旅するような気がします。

 

ホテルチェーンの東横インは全社員内観を受けるそうです。

また元オウム真理教の上祐氏は内観で洗脳が取れたといいます。

一般の方だけでなくプロ野球の小久保選手、作家の柳田邦男さん、

斎藤孝教授、あらゆる職業の人が受けて良かったと言っています。

 

ここ数年私も含め、ほとんどの人がデジタル依存症になっている気がします。

ITの発達で確かに色々と便利にはなりました。

でも大事な何かを忘れてしまったような虚脱感を感じる時があります。

 

もしかしたら情報から遮断される事で水の中しか見たことのない魚が

空中から自分の住んでいる海を見る

そんな感じになるのかなと‥

イメージとしてはこんなんかな?

 

sakana.JPG

 

 

12月28日から1月4日までその内観に参加してきます。

期間中は携帯電話、メールが使えないのでご迷惑をおかけします。

本年は1年間、お世話になりありがとうございました。

来年も更なる成長をしていきたいと願っております。

 

 

 

出張記

陽はまた昇る

 

img_344049_4637166_0.jpg

最初にこの映画を観たのは10年前。

 

当時はまだ日本の家電メーカーは元気な時代です。

今回、香港行の便で再度鑑賞しました。

10年経っても、心に響くものがありました。

仕事とは・・

男とは・・

そんな事を考えさせられました。

終盤の松下幸之助さん役の仲代達矢の決めセリフ。

 

 

あんた、えぇ仲間を育てなさったなぁ。


何事も、人ですなぁ。

 

 

最近つくづくこの言葉の重みが分かります。

お正月のビデオ鑑賞に是非お勧めです。

 

日々の出来事

高校野球の甲子園からアメフトの甲子園ボウルへ

3年前に私の母校 関西学院大学が

70年ぶりに夏の甲子園に出場しました。

惜しくも2回戦で敗れましたが、

ベンチ入り18人中17人が出場する見事な全員野球でした。

 

 

関学といえばアメフトが有名です。

この出場選手には関学アメフト部の鳥内監督の息子さんがいました。

そのコメントです。

夢の甲子園、1回戦の勝利はアメフトの合宿のため見に行けなかった。

周りは行ってくださいというが監督のオレがいけるわけあらへんと・・。

 

 

 

そして明日はアメフト大学一を決める甲子園ボウル。

監督の息子さんは大学ではアメフトの選手として出場します。

 

 

こういうのをみると私はどうしても天の采配を感じざるをえません。

我が子が夢の甲子園に行くも初戦は観戦に行かず、

自分の責任を果たす監督。

 

 

きっと親としては見たかったと思います。

しかし3年後、息子と一緒に大学日本一を賭けて同じ甲子園の地に立つ。

 

何とも粋な神様の計らいではありませんか・・。

今苦しい事があっても自分のすべきことを一生懸命がんばれば

決して天は見放さないという事ですね。

 

がんばれ!関学ファイターズ!

日々の出来事

中国でも大ブーム マヤ歴の世界最後の日

2012年12月21日に世界が終わるというマヤ文明のマヤ歴が、

中国で話題になっています。

もう来週ですよ‥

冗談半分でネット上でつぶやかれてたのが新聞で報道されるほど拡大。

企業の中には慰労金?を出して21日は休みにするところまであるそうです。

sekai.jpg

 

そんなアホな‥で笑いとばすのは簡単です。

でも、ここから中国のネットの影響力を学びとる必要はあると思います。

中国と根強くかかわる我々はビフォーアフターを観察しておく必要があります。

この話が本当かどうかは分かりません。

でもその日私は出張で中国にいます。

どんな風に現場が動くのかじっくり見てきましょう!

日々の出来事

子供たちのための選挙

選挙というのは未来のためにあります。

未来といえば子供です。

アメリカ大統領選挙では、立候補者同士のあまりの口撃のために泣いてしまう子供が話題になりました。

本末転倒だと感じました。

 

 

日本には言霊思想があります。

悪口、不平、不満をいうと本人に3倍になって返ってくる

と私は信じています。

 

今回の選挙では一切、他の党を批判せず、

自説を論じる党があればそこに投票しようと思いましたが

残念ながら皆無ですね。

 

仕方ないので一番他党批判が少ない候補者を消去法で選びます。

なぜなら未来を託す政党、悪口が多い党は結局

自分に戻ってきて長続きしないでしょう。

 

子供たちの未来のため、しっかりと選んで投票しようと思います。

 

 

展示会情報

津軽三味線と横振りミシン LIVE

おかげ様で無事展示会が終了しました。

最終日に初の試み、津軽三味線と横ふりミシンのLIVEを開催しました。

共に九州出身の若手職人と若手奏者。

若手といっても横振りミシンの第一人者大澤紀代美先生の

お弟子さんの福盛拓馬さん。

そして津軽三味線全国大会で5年連続準優勝している本田浩平さんです。

共に日本の伝統芸能を継承するプロ対プロのコラボです。

音楽とファッション 和の世界の融合はこんな感じです・・

 

二人の息もぴったりでこんな作品となりました。

 

IMG_6146 (600x800).jpg

 

 

 

IMG_6139 (600x800).jpg IMG_6145 (600x800).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも刺繍の原点、そして和の素晴らしさをお伝え出来れば嬉しいです。

来場いただいた方々よりブログでも紹介いただきました。

 

セレクトショップNoCONCEPT

株式会社マルワ 鳥原社長

丸安毛糸株式会社 岡崎社長

 

ご来場者の皆様 本当にありがとうございました!

 

 

展示会情報

ジー・トライ 個展 開催中!

今日から3日間、ジー・トライ本社で年に1回の展示会を開催しています。

IMG_6121.JPGのサムネール画像

 昨年は占いの先生に、皆さんの運勢を占っていただきました。

今年は刺繍屋の原点に戻り、横降りミシンの職人の先生である

大澤紀代美先生に実演していただいてます。

現代の名工 100人に選ばれた技術は、

一件の価値がありますのでぜひお越しください。

 

 

 

 

IMG_6111.JPG IMG_6110.JPG

 

 

 

最近読んだ本

弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー

 

 

yowakutemo.jpgのサムネール画像

 

 

青島出張への機内で読んだ本。

面白くて止まらなかったです。

東大合格者をどんどん送り出す名門、開成高校の野球部の話。

著者は数年以内に間違いなく甲子園に行くと豪語しています。

土日は練習試合。

グランドでの練習は週に1回。

技術的にはうまくない、気合もそれほど入っていない・・・

そんな野球部ですが平成17年にはベスト16入りしたそうです。

その内容ですが4回戦のうち3回がコールド勝ち。

最近でも野球の名門、修徳高校とも1-0の微差で敗退する位の

レベルだそうです。

 

開成のセオリーは、

ドサクサに紛れて大量得点を取りコールドゲームで勝つ

だそうです。(真面目です)

青木監督曰く

どのチームも0点で抑える前提でバントや小技をしかけてくる。

でも開成は守備が下手。

10点取られる前提で15点とりにいく。

何もしなければ勝つ確立は0%、ギャンブルをしかければ活路がみだせる!

 

 

私が監督をする少年野球のチームも今年江東区でベスト4に入りました。

6年生が1人であとは4、5年の混成チームですが、よくよく考えてみると

こういう勝ち方が多かったのを思い出しました。

やっぱり野球の醍醐味はフルスイング、遠くへ飛ばす快感に

子供たちははまりフローに入るのでしょう。

 

最近あれがない、これがないという事であきらめモードの人が多いです。

この本を読み、弱者には弱者なりの戦法があると知りました。

仕事でも何でもデメリットや逆境を逆にメリットとチャンスに変える。

そんな勇気をくれた1冊でした。

いつか甲子園の晴れ舞台に開成高校の球児たちが立った時、

心から拍手を送ろうと思い応援しています。

 

 

日々の出来事

43人の夢

最近FACEBOOKで小学6年生時代の友人と集い始めました。

かなり力作の卒業文集でしたが残念ながら自宅に残っておらず。

最近やっと一人が自宅で発見!

懐かしくてタイムトリップしてしまいました。

ちなみに似顔絵を描いたのはわたくし・・・

女子の似顔絵はもっと漫画チックでふざけた物だったのが

ブーイングを受けてやり直しになったそうです。

そうですというのも私にその記憶がなく、

先日20数年ぶりに少人数でプチ同窓会をした時に聞いた事実です。

 

 

bunnsyuu.JPG

最初4人ほどでスタートした同窓会再開チーム。

徐々に連絡がつきはじめ人数が増え始めました。

 

先日、当時、結構ワルかったTちゃんと電話で久しぶりに会話。

すっかり更生し、今では地元の建築関係の会社を営む一国一城の主。

子供が5人と孫が2人のおじいちゃんだそうです。

今でも当時の悪友?達と地元で飲みにいくそうですが、

店は昔の仲間がやっているところが多いと。

 

彼の言葉がとても印象的でした。

どうせ飲むんやったらな、仲間のとこに金落としたいからな、

混んでてもそこにいくんや。

 

これからの商売のキーはここにあるのではないかな?とふと思いました。

今までは安いところ、便利なところ・・

これからはこの人にお金を使いたいと思う所が商売繁盛につながるのかも。

 

だから会社の営業マンも口先がうまくキレものよりも

可愛がられるタイプが重宝され

会社だとあんたにお金を使いたい、おたくの会社にお金を支払いたい

と思われるところが生き残る

そんな気がします。

 

ワンピースのルフィは彼をサポートしたい仲間をどんどん集め夢の実現に向かっています。

彼はこれからの時代の理想の経営者像かもしれませんね。

 

さて35年に書いた43人の夢。

みんなどうなってるか非常に次回の同窓会が楽しみです。