刺繍の企画提案から製造加工は株式会社ジー・トライ

(03)3866-8116(平日 10:00~17:00)

E-mail

出張記

ブータン訪問中

一昨日からブータンに来ています。

これまでは国民総生産(GNP)で国のレベルを測るのが一般的でした。

これからは国民総幸福度(GNH)という新しい基準も大事になりそうです。

 

GNHを提唱したブータンはその国王が来日し日本でも注目を集めました。

ここには民族工芸としての刺繍や織物もあります。

今年は仕事も兼ねて、一度来てみたいと思っていたこの地で年末年始を過ごします。

来年に向けて新しい価値観、そして新しい発想を探求してみたいと思います。

画像はFACEBOOKにて日々更新していますのでよければそちらを見てみてください。

IMG_3609 (600x800).jpg



 

 

最近読んだ本

20代で使ってはいけない100の言葉

最近読んだ面白い本です。

 

f0141246_23431271.jpg

 


























確かに紹介されている言葉を習慣的に使っている人は



人望も少ない気がします。



例えば・・・



osiet.JPG





















とか



sorette.jpg






会話が途絶えますね。



またこういうのもありました。



tikaiuti.JPG












 

また電話するわ・・という大阪弁での社交辞令もありますね。


こういう言葉が100個紹介されています。



来年はこの100個をできるだけ意識して

使わないように・・



という思いを込めて全スタッフに本をプレゼントしました。



20代だけでなくすべての年代層にあてはまると思います。



私もドキッとしましたが2012年に向けて今年最後の

ショック療法です!

 

 

新商品の紹介

2011年をあらわす一文字 絆 ワッペン

今年も色々な事がありました。

特に大きいのは大震災、それに伴う原発問題です。

日本の地盤だけでなく人の心も揺れ動かされました。

私の住んでいる東京は直接、被災はなかったものの、

放射能に関するあいまいな情報、毎日続く余震の恐怖、

これほど毎日”死”を覚悟して生きたことはなかったと言えます。

スタッフ、及び家族にはよく逃げ出さなかったものだと一生涯 褒めてやりたいです。

そんな気持ちもあり今年のキーワード 絆のワッペンをできる限り多くの皆さんにプレゼントします。

こんな年だからこそ絆を深めましょう。

そのお手伝いをこのワッペンでできれば幸いです!

詳細は下記のサイトをご覧ください。

今年最後のプレゼント


http://www.g-try.com/2011/12/post-31.html

webyo_kizuna-thumb-300x225-2732.jpg

出張記

イヤーキャンドル

中国で面白い物を仕入れてきました。

耳に入れて火をつけると耳垢が取れるというイヤーキャンドルです。

でも実際は耳垢が取れるというよりも

温熱によるのヒーリング効果の方が大きいそうです。

お灸の耳版ですかね。

一緒に行った中国のスタッフも初体験だったようです。

IMG_2934 (600x800).jpg

約5分ほど耳に筒が刺さったまま放置します。

じりじりという音が恐怖感と共に耳つぼを刺激する感じもあります。

終了した後、筒の紙を剥くと・・・。

IMG_2935 (600x800).jpg

帰国してからうちの長男にやってみたところ大量の耳垢が・・・。

長男もこれは耳垢ではないのではないか?と疑い、

もったいないですが1本、耳に入れず燃やしてみました。

するとやはり何も無いのです。

耳垢疑惑はあるものの、母親と息子が膝枕をするというのはいいもんです。

クリスマスはイヤーキャンドルで愛の火を灯すというのはどうでしょうか?
(親子に限らず・・)

ただ、

火が非常に危険なので火傷しないように十分注意願います!

万が一火事にならないように水の用意も。

下記弊社HPで販売開始です!

社長のみやげコーナー

日々の出来事

ダイアローグ イン ザ ダーク

昨日 スタッフと共に、ダイアログ・イン・ザ・ダーク に行ってきました。

視覚障碍者が触れて読める刺繍の本を作るという話があり、

丁度行きたかったこのイベントを体験しました。

何をするかというと、

8名くらいで真っ暗な空間に90分ほど滞在します。

一歩中に入るとこんな感じです。

全く何も見えません!

25121667.jpg

この中で階段を上がったり、下りたり、丸太の橋を渡ったり。

誘導してくれる方は視覚障碍がある男性ですが

びっくりするほど速く移動します。

暗闇では、完全に我々と立場が逆転します。

今回はクリスマスイベントという事でクリスマスカードを書きました。

もちろん真っ暗な中でです。

最後はバーでアルコールとおつまみを・・・

私はワインを注文しましたが真っ暗なので赤なのか白なのかもわかりません。

ただ視覚がなくなると恐ろしく他の感覚が鋭くなるようです。

ワインの香りがいつもの倍以上濃厚に感じとれました。

(ソムリエ試験以来、久しぶりにブドウ品種はなんだろう?と悩みました・・)

しばし皆で歓談しましたが、やっぱり

“大阪の方ですか?”という質問をされました。

暗闇でも大阪弁はバレバレですね(当たり前か・・)

最後にクリスマスプレゼントとしてカードをもらいました。

我々の前の回で書いた人のカードです。

もちろん誰が書いたかわかりません。

しかし うまいです!

IMG_3437.JPG


暗闇の中では音、そして触れ合いだけが頼りです。

手をつなぎ、声を出して誘導し合う。

初めて会った人同士が性別、年齢、職業関係なく助け合う。

そんな体験ができました。

12月25日まで小学生以下の子供は無料だそうです。

是非、この体験は子供達にさせたいと思います。

1498_001.jpg

中央が誘導してくれたお兄さんです。

ダークネス.JPGIMG_3431.JPG

日々の出来事

本当のグローバル化とは

昔、アメリカ留学中に留学して味噌汁が飲めなくなったという子がいました。

やっぱりスープはミネストローネかクラムチャウダーよね・・ということなのでしょう。

最近グローバルという言葉が一人歩きしている気がします。

大手企業でも社内公用語を英語にするという時代です。

先日、社員間の年賀状を禁止するという会社があるという事を聞きました。

もうびっくりしてしましたが結構多いようです。

グローバル化するという事は、日本を代表して世界で認められる

という事であり欧米化するという事ではないはずです。

だったら日本の風習である年賀状は逆に奨励してもいいのでは?

中国に駐在する我社の工場長は年賀状は書きません。

でも正月に帰国したら身近な人には、必ず電話で挨拶するようです。

こちらの方が年賀状よりもっとよいかもしれません。

どうもグローバルを謳う会社と

味噌汁が飲めなくなったという勘違い留学生がダブるのです。

今週の9日にシンセン工場でスタッフ総出で運動会が開催されます。

これなども効率から考えたら完全に無駄なコストです。

でもとてもいい催し物だと思うので継続しています。

グローバル化=昔の日本の経営方式にすることだと私は思うのです。

img56350634.jpg

展示会情報

見えないところにこそ・・・

先日、アメリカで有名な靴の通販会社、ザッポスのトニーCEOの講演に行きました。

印象に残った話がありました。

超人気企業なだけに相当数の入社希望があり。

重要視している面接項目が1つあるそうです。

それは何か?

採用希望者は空港や駅から専用の車で送り迎えがつき、

そのドライバーの意見を尊重するという事です。

いくら面接内容がよくても、ドライバーがダメと言えば採用しない。

それほど見えない部分に注目するということでしょう。

以前、ある大手上場会社の役員専属ドライバーが似た話をしていました。

長く続く社長さんはドライバーに対しても優しい、逆に横柄な態度の人はすぐに解任される。

表裏のない人になる事がいかに大切かという事ですね。

強引に話をもっていきます・・・

先週まで開催していたわが社の個展。

目に見えないネーム、タグなどに注目が集まりました。

外に見えない部分のファッション性をアピールしました。

是非、今後このマーケットを広げ見えない部分のおしゃれをお手伝いしたいと思います。

その一部を紹介します。

レース調のネーム
かなり人気がありました。

IMG_3361 (600x800).jpg

リボン付のネームです。

IMG_3364 (600x800).jpg


豪華なワッペンを敢えてネームとして使用。
ハンガーにかけるとバッチリ見えるというところが良かったのでしょう。
中々好評でした。

IMG_3363 (760x800).jpg

紙に刺繍した下げ札。

IMG_3360 (600x800).jpg

展示会情報

展示会の御礼

22日からジー・トライの2Fで展示会がスタートしました。

IMG_3344.JPG

IMG_3345.JPG

お世話になっているブロックスの綾部さんが早速ブログに書いてくれました。

DOIT!チームブログ

今回は数年ぶりに無料占い鑑定コーナーを復活。

やはり女性に大人気でした。

IMG_3343.JPG

今回、ディスプレイ、商品構成、お土産、アフターフォロー など

私が口を出したのはほとんどなくて

したのは占い師さんの手配くらいでした。

毎晩遅くまで会社に残り物によっては家に持ち帰ったり

準備をしてくれたスタッフ達。

その思いが通じたのかたくさんの人に来ていただきました。

皆さん 本当にありがとうございました。

休みをはさんで木曜、金曜と2日あります。

がんばります!

日々の出来事

UWFプロレスの復活

幼いころからプロレスが大好きでした。

プロレスに興味のない方に分からないと思いますが

UWFというスタイルは、まさに目から鱗でした。

飛んだり跳ねたりするプロレスから

キックして投げて関節をキメる

という渋いスタイルへの移行でした。

そのUWFスタイルの試合が久しぶりに復活するという事で

小学生の三男と一緒に観てきました。

IMG_3283 (600x800).jpg

興行が決まりすぐに予約したので前から2列目の席です。

Uスタイルだけでなく途中、通常のプロレススタイルもあり

初めて生で観た三男も夢中で観戦していました。

IMG_3288 (600x800).jpgIMG_3294 (600x800).jpg

IMG_3304 (600x800).jpgIMG_3289 (600x800).jpg

昔を思い出しワクワクしながらの、あっという間の3時間でした。

今回、チケット代は2名分でしたが

実は4名で観戦に行きました。

一昨年、穂高で遭難し亡くなった元社員の足達君と

10年前に胃癌で亡くなった友人の佐々木聡君です。

二人とも大のプロレスファンでした。

足達君の写真と聡君が生前、息子にくれた

マクドナルドのおもちゃを持って行ったのです。

不思議なことにセミファイナルが始まる頃に

私と息子の前の席(最前列)が2席、空席になったのです。

私の目には二人がその席で興奮して応援している姿が見えていました。

息子にも見えたかな・・?

IMG_3279 (600x800).jpg

日々の出来事

ブータンの弦楽器 ダムニェン

今年の年末から来年にかけてブータンで過ごすことになりました。

ブータンの国王が今週、日本にハネムーンに来るとのこと。

被災地も訪問されるようですね。

私はハネムーンではありませんが、刺繍や織物も盛んな国なので楽しみです。

調べてみるとブータンにはダムニェンという弦楽器があるそうです。

dranyen21.jpg


民族楽器なので、対抗して三味線を持参するか迷っています。

広大な自然の中で稽古するのも気持ちいいかなあと・・・。

このように分解すると持ち運びやすくなるのですが

犬の皮なのでブータンの検閲で引っかからないか?

など色々と調べないといけませんね。

3oji2UgY.jpg


どうせもってくなら!

とブータンの国歌でも練習していこうと思いYOUTUBEで調べました。

雷龍の王国というとても落ち着いたいい曲です。

ただ、耳コピは難しそう。

師匠に頼もうかな・・・。